TOP » 南島製菓の歴史

南島製菓の歴史

history

南島製菓の伝統は、1935(昭和10)年まで遡ります。

那覇市松尾に1935(昭和10)年創業、79年の歴史を誇る「南島製菓」がある。老舗菓子店だけにお盆や法事等の行事には「南島製菓の菓子でなければ」とこだわりを持つお客様も多くいらっしゃいます。

1940年頃の本店

テント小屋から大きくした時の店舗(本店)=那覇市牧志1丁目(現在の那覇市松尾2丁目・浮島通り)1940年代

創業者は、那覇市首里出身の故・村吉政能むらよし せいのう(享年69)。
11歳下の弟を小学校に通わせるため、自身は小学校を卒業後、「東町のさちまの菓子屋」で菓子修行をして弟の学費を工面した。

戦時中は大阪へ疎開し、戦後沖縄へ戻ると、まもなくしてアメリカの輸入菓子を扱う。後に2代目を継ぐ弟の故・村吉政吉(享年84)が、当時、軍でコックをしており、そこから小麦粉を仕入れ、菓子作りを再開する。 その時の菓子は、「こんぺん」「白まんじゅう」「花ぼうろ」の3種だった。


  • 創業者の村吉政能

    創業者の村吉政能
    28歳当時=1939(昭和14)年

  • 1956(昭和31)年頃の本店

    本店前=1956(昭和31)年頃

当初、店はテント小屋だったが、戦後2年程して糸満で密貿易をしていた人から材料を大量に仕入れることができ、店を大きくしていく。 国際通り(現在の南西ホテル横)と前島に支店を出し、職人は全員住み込みでお手伝いさんもいた。

「南島製菓」と言うと知らない人はいないくらいになり、従業員は「南島製菓」で働いていることが誇りであり、自慢だった。

落成式

現在の建物の落成式=1966年(昭和41年)12月5日

  • 妻・オト

    本店で働く政能の妻・オト
    =1969(昭和44)年頃

  • パナマ帽とそろばん

    菓子原料の配送も行っており、配送車はクラウンだった。
    =1963(昭和38)年頃

老舗を継承

「南島製菓でよかった」と
言われる店作り

1935(昭和10)年に故・村吉政能が創業した「南島製菓」では現在、孫の政人が4代目として奮闘中。

創業80年の老舗はこの間、代替わりを繰り返してきた。1983(昭和58)年に政能の弟の故・政吉が2代目となり、 2001(平成13)年には政能の次男の政晃が店を継承。2012(平成24)年に政能の四男の長男に当たる政人が代表に就いた。

村吉政人

4代目の村吉政人

一時、東京で仕事をしていた政人は、後継ぎになることは考えていなかったが、その後帰沖し、菓子作りに携わるようになった。 代表となった時に専門的に勉強したいと考え、琉球調理師専修学校へ通う決意をする。その環境作りのため、退職していた新垣良文さんらにもう一度 店を手伝ってほしいと協力を仰いだ。


政人が忘れられないのが政能の妻で祖母のオトの思い出だ。2010(平成22)年に93歳で亡くなる直前まで店に出ていたオト。 情に厚い人だったが、お客さんがゆっくり菓子を選んでいると、「商売にならない」と怒るせっかちなところもあったという。 おばあちゃん子だった政人は、祖母のそんな一面も愛しそうに振り返った。

  • 村吉政能

    一緒に働いていた従業員いわく「神様のようにやさしい人」だったという故・村吉政能

  • パナマ帽とそろばん

    政能が愛用したパナマ帽とオトが使っていたそろばん

「4代目として南島製菓で良かったと言われる商品と店作りがしたい」と前向きに、熱っぽく語る政人。老舗としてのこだわりを大事にしつつ、 楽しみながら仕事に取り組んでいる。



新垣 良文さん談

「尊敬していた親父さん」

高校卒業後10代で南島製菓に入って、22歳のころに東京へ洋菓子の勉強に行きました。24歳で帰沖し、和菓子専門だった南島製菓で、洋菓子部門を 担当するようになりました。レモンケーキは、勉強に行った東京で当時流行り始めていて、店から送金してもらい、型を2枚買って帰ったのが、 沖縄にレモンケーキを持ち込んだ始まりだったと思います。

  • 新垣良文

    ウェディングケーキを制作する
    新垣良文さん

  • 陳列棚

    新垣さんが担当して作っていた洋菓子。陳列棚にはバタークリームケーキが並んでいた=1965年頃

  • 電気釜

    1966年から2013年まで40数年使っていた電気釜

創業者の村吉政能社長のことは、親しみを込めて「親父さん」と呼んでいました。親父さんは、作業(菓子作り)が非常に早く、 しかも丁寧でした。その技は沖縄一だったのではと思います。
当時は菓子材料の配送業務もしていたので、あちこちのお店の作業場を見る機会があり、 やはり親父さんの手の早さはピカ一だと非常に尊敬していました。努力家で、菓子に書く字も達筆。何をしても抜きん出ていましたね。

南島製菓で働いていたことは自慢で、僕の財産になっています。

新垣 敏夫さん

「感謝」

昭和13年2月10日生まれ、
中学校を卒業し地元 八重山の「ゆげ」で働き10年勤務したのち、27歳で南島製菓に住み込み就職。
今年、80歳をむかえる(現在2018年)今も、現役で働いてます。

新垣敏夫さん

新垣 敏夫さん

地元八重山の同級生メンバー「三金会」も23年続く、仕事、仲間を長く大切にしています。

創業者、村吉政能さん、妻 村吉オトさんには、本当に感謝しかありませんとの気持ちで、現役で働いています。

『四代目にも、今も働かせてもらってるから元気でいられる。』



伝統菓子「こんぺん」のこだわり

「こんぺん」(沖縄の方言で、くんぴん。と、言います)

こんぺん

伝統菓子本来の作り方を継承してきたごま風味が上品な「こんぺん」

琉球王朝時代(1429年~1879年)に、外交や御客様へ、おもてなしの高級菓子として伝わるお菓子です。
創業より変わらず、煎り白ごまと県産黒糖を使用した焼き菓子です。